• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

 今回講師の池上先生は長年ストックフォルム大学で教鞭をとられ、当インスティチュートでも何度も講師を務めていただいている先生です。その研究領域は、アジア地域安全保障問題(中国戦略、北朝鮮核問題、台湾海峡危機など)と信頼醸成構築、ミサイル防衛と核抑止戦略の変遷、核不拡散問題、日米同盟と日本の防衛政策の変遷の分析など学際的で多岐にわたり、論文執筆の傍ら欧州・アジア各地の国際会議・研究機関に度々招聘され多数の発表報告をされています。

 今回は、「北朝鮮の核・ミサイル開発と日本の安全保障」を主題にご講演をいただきましたが、12/24の朝日新聞に、「外交に関する政府の世論調査で、北朝鮮の『ミサイル問題』に関心を持っていると答えた人が83%にのぼり、同じ質問を始めた2008年度以降最も高い割合となったと、23日内閣府が発表した」と掲載されておりました。世論調査を待つまでもなく、対北朝鮮への国連安保理決議や北朝鮮のミサイル発射の動向は世界と日本の平和と安全にとって差し迫った課題で、誰もが重大な関心を寄せている問題です。

 講演会では、2017年度の締め括りとして、また2018年初の講演として、この「北朝鮮の核・ミサイル開発と日本の安全保障」に焦点をあてて活発な議論がなされました。

第Ⅰ部: 第4回講演会
日 時 :2018年1月20日 (土) 講演 14:30〜17:30
テーマ : 北朝鮮の核・ミサイル開発と日本の安全保障
講 師 : 池上雅子氏(東京工業大学大学院社会理工学研究科教授、元ストックホルム大学教授・同アジア太平洋研究所長)
場 所 :JICA地球ひろば 2階 セミナールーム201AB(JICA市ヶ谷ビル内)

第Ⅱ部: ネットワーキングパーティー(懇親会)
日 時:2018年1月20日(土) 17:30~19:30
場 所: JICA地球ひろば 2階 J’s Café


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA