• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

コロナ危機5つのステージから今後を考える

最近の気に掛かる記事 / 阿部 圭史 : アジア・パシフィック・イニシアティブ客員研究員

コロナウイルス流行のステージと重心を振り返りながら、オリンピック後の日本と世界を考える

2020年3月11日に、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長がパンデミックを宣言してから1年以上が経過したが、新型コロナ危機はいまだ収束の兆しを見せない。

各国政府は、未知の脅威との遭遇に対してさまざまな対策を講じてきた。目下危機対応中であることに加え、あまりに多くの事柄が起こったこともあり、日本を含めた各国政府が事態を総括する機会を持つことは困難な状況だ。

パンデミック「5つのステージ」

こうした中、WHOは冒頭の宣言から1年の節目に世界全体のパンデミックの推移を総括。以下の5つのステージに分けている。これまでの各ステージがどのように進行してきたかを整理して理解することは、われわれの未来に待ち受けるステージについて、大まかな予測・見通しを立てることが可能となるため、非常に有用だ。

第1ステージ:病原体発現期
第2ステージ:パンデミック初期
第3ステージ:パンデミック加速期
第4ステージ:多面的進展期
第5ステージ:ワクチン導入期

各ステージは、約3カ月ごとに進行すると考えていい(1年間に4段階のステージがある)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA