• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

先延ばしグセを撃退する「時間管理のコツ」

コロナ禍を経て、「人生は有限である」ことをより強く意識するようになったと語るのは、放送作家でありPRコンサルタントでもある野呂エイシロウさん。かつてはズボラだったという野呂さんを「すぐやる人」に変えたコツとは? 野呂さんの最新刊『先延ばしと挫折をなくす計画術 無敵の法則』からスケジューリングのポイントを紹介します。

計画というと長期にわたるものをイメージするかもしれませんが、明日の会議も、明後日のランチも、それぞれに本当は企みがあるはずです。その積み重ねが、長期的な目標の達成につながるのだと思います。

そして実行のカギを握るのは仕組みです。

僕は、やる気だけに頼るのは危ないと思っています。やる気というのは、本来あるはずのない幻想です。「やる気があればやったのに」「やらなきゃいけないけど、やる気が出ない」なんてことは、ありえません。やりたくなかったり忘れているのを、やる気が出ないせいにしているだけ。嫌なことでも、忘れそうなことでも、確実に実行するために必要なのは、やる気を出すことではなく、準備、習慣、ルーティンといった「自分を動かす仕組み」なのです。

人生は有限です。限りある時間を無駄にすることなく、つねに目的と成果に向かう充実した毎日を送ってほしいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA