• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

自分の弱いポイントをあらゆる観点から分析

頭がいい人とそうでない人は何か違うのか。その疑問について考え続け、ある答えにたどり着いたのが、漫画『ドラゴン桜2』(講談社)編集担当で、TBS系ドラマ「日曜劇場『ドラゴン桜』」の脚本監修も行った現役東大生の西岡壱誠氏です。
『7日間で突然!頭が良くなる超勉強法』の制作にも協力した西岡氏が、その答えについて解説します。

「頭がいい人とそれ以外の人を分けているのは、いったい、どういう要素なのだろうか」

偏差値35から逆転合格し、「ドラゴン桜2」の編集のために4年間で500人以上の東大生に取材をした僕は、ずっとこの疑問を考え続けていました。そしてその中で見えてきたのは、「頭のいい人は、分解して考える能力が高い」ということです。今日はこの、頭のいい人に共通する「分解力」についてお話ししたいと思います。

「わかる」は「分ける」が語源だと言われています。理解するためには、「わからない」と「わかる」を分解する必要があるということですね。

いかがでしょうか。分解とは、物事をもう一歩進んで考えてみるという姿勢だと思います。もっと細分化して、もっと具体化して考える。そういう姿勢というものをしっかりと持ち続けていると、実はそれが結果につながる部分があるのではないかと思います。

この記事が皆さんのお悩みの分解の一助となれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA