• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

最近の気に掛かる記事: フレッド・グタール、ミーガン・ガン  ニューズウイーク日本版

<脅威が増す変異株への賢い対処法を考える。11の素朴な疑問に答えます(後編)>

※本誌8月24日号「日本人が知らない 変異株の正体」特集より

ワクチンはウイルスから身を守るのに有効ではある。しかし感染が急激に拡大すれば、ワクチンを接種していようといまいと、全ての人の感染リスクが高まる。

従来株よりもはるかに感染力が強いデルタ株の流行によって、そのリスクはさらに高まっている。

脅威が増すばかりのデルタ株に関することを中心に、よくある疑問を11点に絞って、現時点での答えを紹介する。

※前編:デルタ株は症状が違う? ワクチンの効果はいつから弱る?〈変異株とワクチンQ&A〉より続く。

【7】3回目のいわゆる「ブースター接種」は全ての人が受けるべき?

【8】オフィスでの仕事を再開するのは安全?

【9】デルタ株が流行していることを考えると、レストランで外食したり、スポーツ観戦やコンサートに出掛けたり、飛行機に乗るといった活動の再開は考え直すべき?

【10】感染歴はあるが軽症だった人がワクチンを接種するメリットは?

【11】感染歴があってワクチンを接種する場合も、2回の接種が必要?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA