• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

最近の気に掛かる記事: ジャック・ダットン ニューズウイーク日本版

バイデン政権は新型コロナウイルスワクチンの3回目の投与を、早ければ9月中旬に開始する準備を進めている。だが有力な免疫学者は、全世界にワクチン接種を普及させることよりも先に、富裕国が自国民の免疫をさらに高める「ブースター」接種を優先するならば、世界はますます致死性の高い変異株出現の危険にさらされることになると警告する。

ブースターの是非に関して、科学者の意見は二分される。多くの科学者は豊かな国がすでにワクチンを2回接種した人々に追加接種を提供する前に、世界全体が集団免疫を獲得することが重要だと考えている。

国際ワクチン研究所のジェローム・キム事務局長は本誌の取材に対し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に対処する上で、世界的なリーダーシップが不足していると警告した。彼はまた、全世界にワクチン接種を普及させることをめざさないと、より感染力や致死性の強い変異株が発生する可能性があると警告した。

「人口のかなりの部分がワクチン接種を完了した集団に対してブースター接種を提供すれば、ワクチンの必要量を押し上げ、もともと十分ではないワクチンがさらに足りなくなって、不平等をさらに悪化させるリスクがある。多くの国で優先的にワクチン接種を受けるべき人々が、まだ1回目の接種も受けていない」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA