• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

最近の気に掛かる記事: ニューズウイーク日本版 藤崎剛人

<自民党は安倍政権のときから国会のチェックを受けることから逃げ続け、憲法の義務である臨時国会を開くことも拒んだ。今日のコロナ感染爆発を招いた責任も問わせないまま総選挙に突入する勢いだ>

7月16日、野党4党は憲法53条に基づく臨時国会召集要求を提出した。しかし一ヶ月半たった今も、国会が開かれる気配はない。政府与党はいろいろな理由をつけて臨時国会を先延ばしにしており、そうこうしているうちに9月3日、菅首相は月末に行われる自民党総裁選への不出馬を決めた。これによって自民党は後継者選びに忙しくなり、総選挙までに臨時国会を開こうとはしないだろう。政治空白とともに、事実上の無法政治が行われている。

議員内閣制では行政権と立法権の分離が形骸化してしまう危険性がある。そこで重要なのが野党だ。野党が実質的に国会による政府与党のチェック機能を担う。さらに野党は、国内の少数意見も代表している。53条が、総議員の4分の1という比較的低いハードルになっているのも、政府と議会多数派が一体となって、立法府のチェック機能を嫌がり国家を開かないようにすることを排除するためだ。憲法は多数の独裁を許さない。この点でも、臨時国会を召集しない政権がいかに罪深いかが分かるだろう。

憲法を遵守し国会を開くという、政治が行って当然のことを要求しなければならないのはとても残念だ。コロナの時代だからこそ、当たり前に国会で議論できる政権が必要なのだ。しかしそのような政権は、いかなる人物が次の総裁になろうと、自民党には最早望むことはできないだろう。総裁選の候補者たちは、安倍政権や菅政権で党の要職についており、そうした政治を容認してきたのだから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA