• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

人生の武器を得るための期間なら無駄じゃない

最近の気に掛かる記事:東洋経済オンライン 安井 元康 : 『非学歴エリート』著者

大学に行くことの意義について、うまく説明できるように知恵を授けてください。現在、高校生になる息子がいます。息子から「やりたいことが特にあるわけではないが、かといって大学に行くことの意義が良くわからないので、受験勉強はしたくない」と言われ、返答に窮しています。まだ1年生なので時間的な余裕はあるものの、確かに今どき良い大学、良い会社じゃあるまいし、私自身もパンチというか、気の利いた回答ができずに今に至っています。せめて大学ぐらい卒業したほうが何かと有利なので、理由はともかく、私としては大卒の資格は有してほしいのですが、「良くわからないけど行け」では説得できず、また自身も、この時代に大学になぜ行くべきなのか整理ができておらず、お知恵を拝借したく連絡いたしました。よろしくお願いいたします。会社員 S

大学は人生を歩む上での準備期間

大学に行くことの一番の意義は、さまざまな勉強や経験を通じて自分自身の人生における選択肢を探し、同時に自身の将来の選択肢を広げるということでしょう。自分自身の可能性を探り、そして可能性を広げるための4年間であり、その後の人生を歩むうえでの準備期間ともいえます。

大学を卒業するという事実そのものに価値はありませんし、テストで良い点数を取ったとか、そういったこともあまり意味をなしません。それがどんなに良い大学であっても、人生を切り開くうえでの武器にはならないのです。

それよりもむしろ大事なのは、在学中の4年間をどう過ごすかで、それによって大学に行くという行為がその後の人生において価値にも、無駄にもなりうるのです。

それは資格取得でも同様で、いわゆる難関資格の取得がそのまま人生を切り開く武器にはなりません。大卒者にせよ、資格保有者にせよ、簡単にいってしまえば「その他大勢」であり、労働市場においては飽和気味なのです。

そのような状態ですので、大学卒業という事実だけをもって、自己の差別化を図ることはできません。まして、その後の人生の成功を保証するものでも決してないのです。ですから、何の目的意識もなくなんとなく大学へ行き、なんとなく卒業するのでは、かけたお金も時間も無駄になってしまうというものです。

だからといって、大学へ行くことがまったくもって無駄かというと、そんなことはありません。冒頭で申し上げたとおり、時間をどう使うかによっては価値にもなりうるのです。

在学中の4年間をさまざまな分野の勉強や研究に費やしたり、アルバイトやインターンなどに積極的に参加したりすることで、自分が何に興味を持ち、何に楽しさを感じるのかを知ることができれば、その後の人生において大きな武器となるはずです。

就職活動で始めるのは遅い

そういった行為を通じて、職業や生き方という面で自分にとってのリアルな選択肢を探すことは、非常に有益でしょう。就職活動の段階でこうしたことを始める人もいますが、それでは遅いのです。大学での勉強や生活と、その後の人生の選択肢を考える行為を切り離して考えてはいけないのです。

そう考えると、大学に通う時間は人生をスタートするうえでの準備期間ともいえます。当然、その後の人生の選択肢と密接につながっているべきなのです。

幅広い分野での勉強や経験を通じて、自分自身を知ることで、自分にとってのリアルな選択肢が考えられるようになります。また、さまざまな分野での勉強や経験をすることで、選択肢そのものを広げることも可能でしょう。

極論をいうと、大学に入る前に今後の人生においてやりたいことが明確であれば、大学に行かずにそのゴールに向かって早く走り出せば良いのです。反対に、まだ何をしたいかがわからないという場合は、大学に行って、その期間を人生において歩むべき方向性を探る旅とすれば良いのです。

Sさんのお子さんはまだ将来、歩みたい方向性が定まっていないということですから、それを探るために、さまざまな分野の勉強ができ、また、さまざまな経験ができる大学生としての身分を経て、徐々に明確化していくのが良いのではないでしょうか。

4年間でできるだけ多くの興味を持ち、できるだけ多くの経験を積むべきです。始めたことが途中で嫌になったり、興味を失ったりしたら、いくらでもやり直しができます。

繰り返しますが、ただ単に大学に行けば人生切り開けるわけではありません。その期間に自分自身の可能性を探し、可能性に気がつけるような時間の過ごし方が大切なのです。

そのための期間と位置づけて、自分探しの4年間として捉えると良いのではと思います。Sさんがそのような考え方で、うまくお子さんの将来の可能性を引き出す手助けをされるであろうことを、応援しております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA