• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

・「ウクライナ危機が台湾海峡に飛び火する」という説はよく聞くが、これには大きな矛盾がある。

・「現地の要請」に基づいて軍事侵攻するロシアの手法は中国の論理と一致しない。

・東西冷戦の教訓に照らせば、中ロの共通性にばかり着目するのは建設的ではない。

ロシアの侵攻が始まる前から「ウクライナ問題が台湾海峡に飛び火しかねない」という説はあちこちで聞いたが、中国とロシアをとにかくセットで扱う思考は状況認識をかえって誤らせかねない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA