• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官

2月24日以降、ウクライナで続いている無残な戦争により、何百万もの人の生活が一変しました。この1カ月で多くの市民が命を落とし、負傷者も何万人も出ています。離ればなれになった家族もいます。今すぐ戦いを終えなければ、このまま状況は悪化し、とても言葉では表現できない苦しみを生み出し、さらに多くの人が故郷を追われることになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA