• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

自身も記者時代に「地獄を見た」裏取りとは

メディアが多様化し、フェィクニュースなどがはびこる現代。情報とどう付き合っていくのが適切なのでしょうか。ジャーナリストとして活躍してきた池上彰さんは、「世界を正しく見る方法」を身につけ、メディアリテラシーを高めることが大切だと訴えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA