• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

実現に壁も、ロシア国内世論の高まりに期待 ウクライナ侵攻から3カ月

ウクライナに侵攻したロシア軍の残虐な行為が明らかになるにつれてプーチン大統領らの戦争責任を問う声が高まっている。国際刑事裁判所(ICC)は検察官を現地に派遣し捜査を始めた。戦争犯罪に詳しい立教大大学院の長有紀枝教授(59)に国際法廷でロシアの責任を問う意義や課題を聞いた。(聞き手・石井宏樹)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA