• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

憲法改正、金融緩和で「カリスマ」不在に

安倍晋三元首相が遊説先の奈良市内で銃撃され、死去した。安倍氏は首相退陣後に自民党最大派閥を率い、岸田文雄政権に大きな影響力を持つとともに、憲法改正や防衛費増額、金融緩和政策の継続などを主張していた。安倍氏が死去したことで、自民党内の力学が変化し、岸田政権の政策をめぐる攻防の構図も大きく変わりそうだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA