• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

──物価・賃金との関係と「減額制度」の現実

<インフレが進む中でも減額となった年金支給だが、現在の制度では今後も物価の上昇に年金が追い付かない状態は続く>

公的年金の支給額が2022年6月分から減額されている。年金減額は2年連続だが、物価上昇が顕著となるなか、なぜ支給額が減らされているのだろうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA