• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

明治以降の歴史から読み解く、政府関与の“公葬”の危うさ

安倍晋三元首相の国葬が秋に行われる見通しに。国葬の歴史に詳しい中央大の宮間純一教授は、「政府が関わって、『国家に特別な功績があった』とされる人を弔う葬儀はいずれも政治的な意図を持って行われてきた」と強調する。

参院選の応援演説中に銃で撃たれて亡くなった安倍晋三元首相の「国葬」が秋に実施されることについて、賛否の声が巻き起こっている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA