• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

哲学者が説く「本当に幸せな人生」のあり方とは

老後のためにどう備えればいいのか。哲学者の岸見一郎さんは「老後には備えないほうがいい。未来がある保証はどこにもなく、思った通りの死に方ができるとは限らない。『終活』に勤しむよりも、今できることに専念してその喜びを享受したほうがいい」という――。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA