• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

問題解決できる人が持つ「関係を科学する」発想

「頭のいい人は原因と結果の関係を説明することがうまい」。『あらゆる悩みを自分で解決! 因数分解思考』を上梓したビジネス数学教育家である深沢真太郎氏はそう言います。氏の提唱するビジネス数学はビジネスで使える数学的思考が身につく教育テーマのことを指しますが、その指導内容において重視しているのが原因と結果の関係を「矢印(→)」を使って表現すること。なぜ「矢印(→)」なのか。なぜビジネスパーソンの成果に直結するのか。具体例を交えて、ビジネスパーソンの問題解決力がアップするためのヒントを解説します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA