• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

グローバルで勝つために「悪ガキ人材」重用せよ

日本のエリートが、外国人の「ハードネゴシエーション」にタジタジになってしまうのには、理由があるといいます。

「2000年ごろを境に、世界で求められるリーダー像に激変が起きた。おこがましい言い方になるが、日本人だけがこの変化に気づいていない」
いま、世界が求めるリーダーの条件とは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA