• 政策研究・人材育成のプラットフォーム
Facebookページ・Twitter のご案内

Facebookページ・Twitter のご案内

講演会や勉強会で皆さまと議論をするため、また皆さまと日頃より繋がりを持ちたいため、議論の前提として、最近の気に掛かる記事や話題をFacebookページに投稿しています。
本ページの最下部フッターにFacebookページのバナーがありますので、そちらからアクセスしてページで「いいね」登録を是非お願いします。SNSからも講演会のご案内もいち早く発信していきます。

◇喫緊の課題を様々な視点から考えよう◇

◇喫緊の課題を様々な視点から考えよう◇

国際研究インスティチュート(IIS)は、国内外で活躍する各分野の第一線専門家を講師に迎え、契緊の課題で世代を超えた議論を組織する政策研究・人材育成のプラットフォームです。年齢・職業・性別に関係なく、社会の各分野で働く人々を幅広く結びつけ、意見や知識・経験の交流を促し、これを制度やシステムの改革、新しい日本の創生につなげたいと考えています。


新着情報

“邪悪な戦争”を阻止する意思と力(IIS代表/唐沢敬 )

ロシアのウクライナ侵略、なぜ邪悪なのか? 「世界1,2の核超大国」を自認し、最新鋭の兵器で武装した19万の軍隊を動員して開始したプーチンのウクライナ軍事侵攻から1ヶ月が過ぎた。しかし、当初予定したとさ …

続きを読む

ウクライナ危機1カ月、強制移動を止めるために国際社会の連帯を

フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官 2月24日以降、ウクライナで続いている無残な戦争により、何百万もの人の生活が一変しました。この1カ月で多くの市民が命を落とし、負傷者も何万人も出ています。離れ …

続きを読む

ウクライナ:世界は、ロシアによる「国際法違反」を前に団結しなければならない(UN News 記事・日本語訳)

2022年3月10日 ― アントニオ・グテーレス国連事務総長は本日国連総会で演説し、ロシアによるウクライナ侵攻によって被害を受けたすべての人々を支援し、「この国際法違反を乗り越えるため」に国連加盟国が …

続きを読む

広島と長崎の惨禍、核兵器が依然としてグローバルな脅威であることを警鐘(UN News 記事・日本語訳)

2022年1月15日-1945年、日本の2つの主要都市が壊滅したにもかかわらず、原子爆弾は過去のものとして歴史書に追いやられるのではなく、今日も開発が続いています。しかも、その破壊力は広島と長崎で炸裂 …

続きを読む

「みんなトラウマになる」「この臆病者を見ろ」「どこの国境でも人種差別」…ウクライナ難民ルポ

<第2次大戦後で最大規模の難民が世界を揺さぶっている。困難への同情ばかりではない。将来的な定着と共生に、受け入れ国はどう対処するのか>

続きを読む

日本人が直面する「先進国内の地位低下」の深刻さ円安、低成長…古い経済構造の改革が大きな課題

日本は1970年代の初めに先進国の仲間入りをしたが、2000年頃以降、地位が低下している。このままいけば、先進国の地位を失いかねない。こうなるのは、円安のためでもあるが、経済が成長しないためでもある。 …

続きを読む