• 政策研究・人材育成のプラットフォーム

「韓国が歴史問題にあんなにしつこい」深い理由

在日が証言!「水に流せない」のはなぜか? バイデン政権の意向もあり、韓国の新政権と岸田政権の歩み寄りが取りざたされる中、日韓の歴史問題はどのようにすれば乗り越えることができるのだろうか? さて、日本と …

続きを読む


途上国を襲う殺人的猛暑で、先進国に問われる道義的責任とは?

<熱波への迅速な措置がとれない途上国。地球温暖化の原因の1つである温室効果ガスを排出してきた先進国には、低コストの電力設備や冷房技術など、支援と投資が大急ぎで求められる>

続きを読む


2050年には8億人の都市住民が水上生活に?──海面上昇と異常気象で急務の洪水対策

「今はまだ、この地球の大気圏と気候の中で起きていることにひたすらショックを受けている段階だ」と、都市レジリエンスに取り組むサルキンは言う。気候変動について「文字で読んだり研究者と話して知るのと、現実に …

続きを読む


プーチンに伝えたいこと──核で脅かすのは「想像力を放棄しているから」

<ロシアによるウクライナ侵攻で核兵器使用が懸念されるなか、長崎での悲劇と戦争のない世界への願いを伝えたい。核の恐ろしさは兵器だけでなく、すべてを失い貧困の中を生き抜かなくてはならないこと> 前触れもな …

続きを読む


戦後77年の今だからこそ「ナチス映画」が持つ意義

レイシズムは世界中で、依然として存在する 日本において、ヒトラー、ナチスに関連した映画や書籍が相次いで発表されている。いったい、なぜこれほどまでに関心が寄せられているのだろうか。そして、われわれはこれ …

続きを読む


お手本は毛沢東──「ゼロコロナ批判」で、ますます意固地になる習近平

<「自分への圧力が強ければ強いほど、私の決意は固くなる」。秋の共産党大会で異例の3期目を目指す習に李克強首相らが「異論」を唱え始めた。しかし、歴史が繰り返されるのであれば、経済回復した段階で切られる> …

続きを読む